top of page
Search
  • Writer's pictureMuses of a Herbivore

枝豆フムス

Updated: Mar 14, 2020


フムス。それは私が恋しがっている食品の一つです。ニュージーランドに居た時、冷蔵庫の中にはいつもフムスが入っていて、いつでも軽く食べられました。こんなにフムスを食べたのに、自分でフムスを作ってみようと全く考えていませんでした。どこでも安くにフムスを買えるから、わざわざと自分で作ることは思いもかけないでした。


もちろん、日本には全く別の話になります。正直に言うと、今までまだ一度でもスーパーでフムスを見たことがありません。最初は残念なことだと受け入れたが、このきっかけでフムスを作る動機を持つことになりました。そして、フムスを作るのは想像したより遥かに簡単でした!



フムスを作るため、普通はひよこ豆を使いますが、今回はひよこ豆の代わりに枝豆を使います。枝豆は美味しし、使いやすいし、安いし、栄養たっぷりだし、もう利点ばかりです!


 

枝豆フムス


材料:


枝豆 2カップ 

ニンニク 2個

*半分のレモンのジュース

グランドクミン 1小さじ

 1/4小さじ

オリーブオイル 2大さじ

** ¼ ~ ½カップ

***一握りのハーブ


Notes:

* レモンをは一番適切ですが、日本ではなかなか高いから、お金を節約したいなら½大匙の酢を使ってもいいです。私が住んでいる地方にカボスは地産ですので、今回はカボスを使っています。


** 最初は1/4カップの水を使って、その後もしもっとスムースなフムスが欲しいなら水を追加します。

*** ハーブは必要ではありません。しかし、ハーブを使うとフムスに香ばしい味を与えます。私はバジルを使ったが、ミントは一番適切だと思います。残念ながら、日本でミントを買うのがなかなか高いです。


このフムスはもう何回でも作りましたので、材料の量は測っていません。ただ、適当に作りながら、味わうによって材料の量を調整します。だから別に詳しく量を従わなくても大丈夫です。作りながら自分のお好みによって調整してください。


 

作り方:

1. 全ての材料をフードプロセッサーに入れます。

2. 練り混ぜます。

3. 味わうながら調整する。

4. 練り混ぜます。


いいフードプロセッサーを持っていれば本当に簡単に作れます。


残念ながら、私はただミニプロセッサー持っているので、ちょっと手間がかかります。以下は私のフムスを作るため、段階的に説明します。


まず、容器に枝豆、ニンニク、水、レモンジュースとオリーブオイルを入れました。

注意: 私は冷凍枝豆を使ったので、600Wで3分間チンしましたが、枝豆を冷やすこと忘れました。フムス作るときにちゃんと温めた枝豆を冷たい水に流して、冷やしてください!そうしないと容器にいるとすごく熱くなるし、混ぜにくいです。


フードプロセッサーを使って練り混ぜました

次にクミン、塩と練りゴマを入れました。


練り混ぜます。この時点で私は味わうによって材料の追加を調整しました。もしもっとスムースのフムスが欲しかったら、ちょっとだけ水を追加します。

ハーブを入れて、最後にもう一回混ぜます!

完成です!

この枝豆フムスは冷蔵庫に1~2週間保存することができます。しかし、このフムスはそのままスプーンで食べられるほど美味しいので、一週間以内には食べられると思います。



値段の計算:


枝豆 (¥44) + レモン (¥50) + 練りゴマ (¥55) + バジル(¥50) +他(~¥100) = ¥300以下


もしレモンを酢に入れ替わって、ハーブを使用したくなかったら、値段はただ ¥200!



先も言いましたが、このフムスはそのまま食べられるし、ディップとして使えるし、サンドイッチやラップにのせるし、サラダに使えるし、パスタにも使えます!


このフムスを作ったら色んな食べ方を試してみて下さい!


8 views0 comments

Recent Posts

See All

Comments


bottom of page